ノロウイルスの対策はこれが良いですよ|病気に打ち勝つ方法とは

男性

気を付ける期間と母乳

レディ

感染をした時いつまで注意すべきか

ドラックストアやネット通販には、ノロウイルスを撃退するアイテムが沢山販売されています。また、大人だけではなく子供もノロウイルスにかかる可能性が高いため、小さい子供は特に感染をしないための対策をしなければなりません。とはいえ、年中対策をするのもストレスになりますし、気疲れしてしまいます。一体どの時期まで注意を払えばいいのか、ノロウイルスの対策をする前に覚えておくと良いでしょう。主な感染源は、嘔吐や下痢ですが、その辺を汚すこともあり得るので対策アイテムを使ったこまめな掃除が重要になります。この症状は約2.3日続きますがノロウイルスを発症してから数週間から一か月は注意が必要でしょう。

授乳中に感染した場合

対策アイテムを使っていても、ノロウイルスに感染する時はしてしまいます。中には授乳中の人もいるでしょう。ノロウイルスは小さい子供にも感染する厄介な菌なのでなるべく授乳をストップさせたいですが、ミルクに頼っていないので困ってしまいます。基本的には、母乳をあげてもさほど問題はないとされています。しかし気を付けるべきなのは、ノロウイルスの経口感染です。対策としては、赤ちゃんの口にノロウイルスが入り込まないよう十分警戒することです。そして母乳をあげる時は手洗いをいつも以上に行ない、乳首の消毒は必ず行なうべきです。なお、より確実な対策を講じる時は母乳をあげる前にマスクを着用することです。そうすると、たとえノロウイルスをお母さん側が保有していても赤ちゃんに感染させるリスクが低くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加